一般社団法人 西宮市歯科医師会

歯周病について 「歯周病になるとどうなるの?」
川勝 賢一
Q:歯周病になるとどうなるのですか?

A:歯周病は、「沈黙の病」とも呼ばれ、症状が表面化しないので、自分自身でその存在に気づかないことが多いといわれています。しかし、よく観察すれば、その徴候をとらえることができます。歯周病は歯肉炎と歯周炎に大別されます。歯肉炎は炎症がまだ歯肉だけに限られているもので、歯周炎は歯肉だけでなく歯槽骨などほかの歯の周辺組織まで炎症が進んだものです。この二つを見極める診断ポイントは歯槽骨が溶けているかどうかになりますが、X線写真で確認する必要があります。とくに歯肉炎はごく軽い症状なので、自分が歯周病だと自覚しにくいかもしれません。


Q:歯周病になるとどのような症状がみられるのですか?

A:歯周病の症状
■健康な歯肉
  歯肉の色は薄いピンクで、歯と歯の間にまでしっかり入り込んでいます。また、触ると弾力があり引き締まっていて、軽い刺激などでは出血しません。
■歯肉炎
  口の中の細菌の数が増加し、歯根膜や歯槽骨は破壊されず、歯肉だけ炎症・病変が起こります。歯と歯肉の境目に付いたプラーク中の細菌が毒素を出し、炎症を引き起します。歯肉は赤く腫れ、そのため歯の周りに歯周ポケット(仮性ポケット)と呼ばれる溝ができ、プラークができ、プラークがますます溜まりやすくなります。
[この病気の症状]
・ 歯がむず痒い
・ 時々歯肉から血が出る(歯みがき程度の軽い刺激でも出血しやすい)
・ 歯肉の色が赤みを帯びる
・ 歯肉が腫れる
・ 歯肉の先端(歯間乳頭部)が丸みをもって膨らんでいる
■歯周炎
  炎症が歯を支えている骨にまで進んだ状態です。歯肉炎によってできた歯周ポケット(仮性ポケット)は深くなり真正ポケットになります。そこに溜まったプラーク中の細菌は毒素が強く、歯周病を進行させ歯を支える骨(歯槽骨)まで溶かします。
[この病気の症状]
・ 歯肉が赤紫になる
・ 歯肉から歯が離れはじめ、歯周ポケットができる
・ 歯周ポケットに膿が溜まったりし、口臭がひどくなる
・ 歯肉はブヨブヨになり退縮 し、歯が長く見える
・ 歯がグラグラし、血や膿が出る
・ 歯肉の下にある歯槽骨も破壊され、歯が抜け落ちる


Q:歯周病の原因は?

A:虫歯も歯周病もプラーク中の細菌の感染が原因で起こります。虫歯の原因菌となるのは、おもに歯肉縁上プラーク中の細菌です。好気性菌といって空気に触れる歯の表面で活動します。一方、歯周病の原因菌となるのは、歯肉縁下プラークの中の細菌です。嫌気性菌といって空気の無いところでよく 繁殖する菌で、空気に触れない歯周ポケットの中で増殖し、歯周病を悪化させます。歯肉縁下プラークは歯肉の下にあるので、ふつうに歯をみがいただけでは落とすことができません。人が口から食べている限り、口腔内にはプラークが付着してしまいます。プラークが増えすぎないように口のなかの環境をととのえていくことを 「プラークコントロール」といいます。
 その他に局所的原因となるものには、 (1)歯石 ・ プラークに唾液中のカルシュウムなどが沈着し歯石になります。歯石は歯肉を刺激し、炎症を更に悪化させます。 (2)歯並び ・ 歯並びが悪い部分は歯みがきが不十分になり、プラークが溜まり、炎症がおこりやすくなります。 (3)咬み合わせ ・ 咬み合わせが悪いと、一部の歯に過度の負担がかかり歯周組織をいためる原因になります。 (4)不適合な冠や充填物 ・ 歯に合わなくなった冠、充填物などは歯肉を傷つけ炎症をおこします。 (5)口呼吸 ・ 口の中が乾燥し、プラークが付着しやすくなり、また、歯肉の抵抗力も弱ります。 (6)歯軋り ・ 歯は、歯軋りのような横からの力に弱いため、歯周組織に負担がかかります。 (7)咬合性外傷 ・ 異常に強い咬合力や側方圧によって歯根膜や歯槽骨に生じる外傷性の病変です。歯肉に炎症は生じませんが歯根膜の圧迫部に壊死や歯槽骨の吸収がおこります。 
 また、全身的原因や生活習慣によるものとして、糖尿病、喫煙、高血圧、偏食、血液疾患、肥満、ホルモンバランスの不安定、精神的ストレスなどが考えられます。


Q:歯周病が全身にどのような影響をあたえるのですか?

A:最近の研究では、歯の周辺だけでなく、血管や心臓、呼吸器などにも歯周病の原因菌が感染して重い病気を引き起こすことが分かってきました。歯周病予防は、全身の重い病気を予防するうえでも重要です。
 歯周ポケットから血液中に入り込んだ歯周病の原因菌は、全身に広がって、誤嚥性肺炎、心臓・血管系疾患、細菌性心内膜炎、糖尿病、早産・低体重児出産などがあります。

誤嚥性肺炎…気管内に流れ込んだ物に混じって、口腔内の細菌が肺に病巣をつくり、炎症を起すのが誤嚥性肺炎 
心臓・血管系疾患…歯周病の原因菌が血液中に入り込み、血管壁に感染すると、血管壁は自身の防御反応によって厚みを増し、対抗しようとし、その結果、血管が硬くなり、動脈硬化が起こる。

細菌性心内膜炎…血液中に紛れてしまった歯周病菌が流れ込むと、心内膜に付着して、増殖してしまうことがある。

糖尿病…歯周病の原因菌が血液中に流れ込むとインシュリンの血糖調節機能が阻害されることがある。

早産・低体重出産…歯周病の原因菌が出す毒素が、免疫担当細胞を刺激して、プロスタグランジンという活性物質を作りだし、そのせいで早産や低体重出産が引き起こされる

それから、歯周病は口臭の原因になります。