一般社団法人 西宮市歯科医師会

歯ならび(不正咬合)について
中西 洋介
 最近、街の中で歯に矯正器具を付けた人を見かけるようになり、不正咬合について徐々に認識されるようになってきました。そこで、今日は歯ならびについて少し整理してみたいと思います。

Q:歯科矯正とは、悪い歯ならびを治すということですが矯正治療の必要なのはどのような歯ですか?

A:一般には受け口、乱抗歯、隙間のある歯並び、そして上顎の前歯が出ている状態などです。これらを総称して不正咬合と言います。これらの不正咬合は本人や周りの人でもすぐ分かりますが、他に専門医が診ないと分かりにくい不正咬合もあります。
 ですから不正咬合に限らず、健康な歯を保つために、年に1、2回は歯医者さんで歯の検診を受けることをお勧めします。


Q:悪い歯ならび(不正咬合)を放っておけばどんな影響があるのでしょうか?

A:不正咬合の人は十分に物を咬み砕けないために、それだけ胃や腸に負担がかかります。また歯磨きが難しく汚れがとれにくいために 、むし歯や歯肉炎を引き起こしやすくなります。ほかに正しい発音ができないとか、顔や口元のアンバランスなどのせいで精神面に影響を与えることもあります。


Q:なぜ歯並びが悪くなってしまうのですか?

A:不正咬合はいろいろな要素が混じり合って成り立ちますが、大きく分けて2つの原因が考えられます。
 1つは遺伝です。骨格や歯の形は遺伝します。親が受け口であれば子供もそうなりやすく、そして親から受け継いだ特徴は年齢とともに発現してきます。ですから子供の成長には十分注意を払う必要があります。
もう1つは後天的な原因です。全身的な病気や習慣性の癖です。例えばいつも指しゃぶりをしている子供は指で上アゴを前に押し出すので上顎前突になりやすく、また前歯が咬み合わない開咬にもなりやすいのです。ほかに、唇を吸う癖、口で呼吸をする癖も歯に圧力を加えるので不正咬合の原因となります。
 しかし、何といっても乳歯のむし歯は不正咬合の大きな原因です。永久歯に生えかわる時期に乳歯が早く抜けると隣の歯が移動してきます。その結果、その場所に本来生えるべき永久歯のスペースがなくなりガタガタの歯並びになってしまいます。不正咬合になる原因は他にもたくさんありますが、乳歯を大切にすることで不正咬合をかなり防ぐことができます。
 ということで、お母さん方はお子さんにもっと歯みがきをさせて、乳歯がむし歯にならないよう気をつけてほしいと思います。


Q:矯正治療は何歳くらいから始めたらよいのですか?

A:上顎前突、下顎前突など顎に異常がある場合は、顎の成長の旺盛な6〜8歳くらい、小学校に入学するくらいが目安です。
 それ以前でもかまいませんが患者さんの協力度が問題となることがあります。
 そして最近の矯正技術はとても進んでおり、顎に異常がなく歯並びだけでしたら年齢に
 は関係なく成人でも問題なく治ります。このように成人になってからでも矯正治療は可
 能ですが、口の中に入る装置など心理的な負担や、口の環境は子供より悪い場合が多い
 ですから、できれば成人になるまでに治療を終えることをお勧めします。


Q:治療期間や装置、費用はどのようなものですか。

A:矯正治療期間は短くて2年、長くて5〜6年かかります。また、不正咬合の状態は多種多様ですから治療法や装置は一概には決められません。治療する上で共通して言えることは開始時期が重要だということです。不正咬合かなと思ったら、早めに歯科医院を訪ねて下さい。子供さんをお持ちの方は、とくに永久歯が生え始める6歳頃のお子さんの口をじっくり見るよう心がけて下さい。

 矯正治療での大きな問題点は費用だと思います。健康保険がきかないため、治療費は、通常60〜100万円くらいかかります。しかし、ほとんどの矯正医院では、分割払いなども扱っていますので治療を受ける際、確認されてはいかがでしょう。
 矯正治療は費用がかかるのが現状です。

 矯正治療は期間も長く、患者さんもずいぶん根気のいることと思います。ある意味では、矯正治療とピアノの練習は共通点があるのではないでしょうか。親に言われて矯正治療をうける、親が言うからピアノの練習も嫌々続ける。しかし、それが将来豊かな教養として身につけば、うるさくいった親にも感謝するでしょう。そして矯正治療を受けて、健康で美しい歯ならびの子供は、将来自分が親になったとき、自分の子供の歯の健康にはより注意するようになり、健康な子供を育てることになるでしょう。
 それも文化の向上の一つではないでしょうか。
 
  ありがとうございました。